韓ドラ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」面白いところは?

韓ドラ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の感想!面白い?面白くない?

じつは、ずっと気になていたドラマ・・・

2018年公開の「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」

ついに見ました!

チョン・ヘインさん、本当に素敵ですね!

 

 

「見たい、見たい」とおもいつつ、ついつい見るのが後回しに。

そもそも、なぜいままで渋っていたのか?

(ほかに見たいドラマがいっぱいありすぎるから、というのもあるのですが)

だって、タイトルが~・・・

 

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」・・・ですよ?

 

 

かなぶん
・・・・・(;´Д`)

 

てっきり、「ヒモ男にタカられるお姉さんの話」かと・・・。

※ぜんぜん違いました

ということで、韓ドラ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の感想を書いていきたいと思います!

(ネタバレします!

 

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」は3部構成

韓ドラ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」面白いところは?
↑友達以上、恋人未満のビミョーな空気がとてもいいけど、じれったい(前半部)

 

ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」は、おおまかに3部構成。

 

  1. 恋人未満のじれったい片思い期間
  2. 恋愛成就してハッピーハッピーな期間
  3. 好きな気持ちが空回りするすれ違い期間

 

このドラマでは、韓ドラで昨今はやりのファンタジーも殺人事件も起こりません!

ごくごく平凡な男女が恋に落ち、ささいなことで悩んだり迷ったりするような物語です。

とくに大きな事件が起きて、運命がまわりだす・・・・というようなストーリーは皆無。

 

・・・が!

 

スゴクいい!

もちろんソン・イエジンもいいし、チョン・ヘインも最高ですが、

とくに、作品を一貫している、ちょっとセンチメンタルな雰囲気がいい!

 

まずよく流れるOST、歌詞が英語!

ストーリーの盛り上がりとともに、ちょっとハスキーな歌声の歌手が、ジャズ風のナンバーを歌いだす・・・

これまでの韓ドラとは少し違ったイメージで、なんだかヨーロッパの映画を見ているよう・・・

 

ドラマのイメージを強く印象付けているOSTは、こちら。

 

 

作中歌のほとんどを歌うのは、レイチェル・ヤマガタさん。

 

かなぶん
え? 名前・・・日本人?

 

レイチェル・ヤマガタさんはアメリカのシンガーソングライター。

日本人ではなく、日系3世だそうです。

 

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」のどこが面白い?

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の見どころ
↑構図が芸術的で、絵画のように美しいドラマの一場面(2話)

 

ドラマの見どころは、やはり。

恋に落ちていくジナと、ジュニ。

二人の仲睦まじいやりとりを見ているのが、ひたすら癒されました。

とにかくジュニが愛らしい。

口角をキュッと上げて、ジナに微笑みかける笑顔が・・・もう

 

かなぶん
くうう~~~!

 

・・・ってかんじ!(語彙崩壊)

家に帰っていくジナの背中をずっとずっと見送っている、切なそうなジュニの目つきとか、まじでムフフでした!

 

チョンヘインさんのインスタ
↑思わずほほえみ返したくなるチョン・ヘインさんの笑顔(公式インスタより)

 

つるんっとした茹でたてのタマゴみたいな、キレイな顔立ちのチョン・ヘインさん。

ちゃらんっと下がり眉で、奥二重の三日月形の目、口角の上がった唇。

これが絶妙なバランスで、色白のお顔に収まっています。

「国民の弟」といわれるだけある、完璧な愛らしさ。

見惚れちゃうくらい可愛いです☆

 

 

ストーリーとしては・・・

姉と弟のように育ったジナとジュニが恋愛関係になることで、これまで平衡を保たれていた「親友との関係」や「家族との関係」がだんだん崩れていってしまう。

得るものが大きいだけ、失うものも多いように、ジナの手からこぼれ落ちて行ってしまう。

ジュニも、親友も、家族も、失いたくないと思ったジナだったのに、結局、何もかもを失ってしまう・・・

ちょっとしたボタンの掛け違いから、だんだん溝が大きくなり、取返しのつかないところまで道が分かれてしまう・・・

そんな苦悩を、こまやかに、美しく、表現していたのではないかと思います。

すこし退屈だと思うシーンもありましたが、

思い返せば、そんな退屈なシーンほどあとあと印象深かったりして、不思議なドラマでした。

 

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」面白くないところ!

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の面白くないところとは?
ちなみにジナの同僚役は「梨泰院クラス」に出演していたマ・ヒョニ!(別人みたい)

 

面白くないところ、退屈なところといえば、ずばり!

セクハラを告発するとかしないとか、仲間うちで揉めるシーンとか、

告発するかと思ったら、告発しないってなったり。

 

かなぶん
どっちやねん!

 

セクハラ上司を叩きのめすかと思えば、そうなるわけでもなく・・・

・・・はっきりしないストーリーが、よくわからなかったです。

(まあ、リアリティを追求した結果、現実は白黒つかないことが多いということなのかも?)

 

 

それから、家族に交際を反対されたジナ。

徹底的に反抗して、愛を貫くかと思いきや・・・そうはならず。

ぐだぐだ、ぐだぐだと煮え切らない態度をとり続けることとか。

 

かなぶん
どっちやねん!(二度目

 

・・・・ドラマなのですから、ここはひとつ駆け落ちでもしてくれればよかったのに。

短絡的な結末であっても、やはりドラマの視聴者は、それを待っていたのではないかと!

(いや、私がそれを待っていた

 

 

とにかく要約すると。

ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」は、

13話あたりから雲行きがあやしくなりはじめ、ジュニの笑顔が陰りはじめるあたりから、退屈になりはじめます。

退屈なのがイヤな方は、スキップスキップで飛ばして見てもいいかもしれません☆

 

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」感想まとめ!

とにかくさわやかすぎるイケメン、チョン・ヘインさん。

ただその愛らしさを堪能するドラマだと言ってもいいかも(いいすぎ?

 

あんなことやこんなことをしても許されるのは、チョン・ヘインさんだから!

うん、まちがいない。

(後半部、一歩間違えばストーカーだったよ~:(;゙゚”ω゚”):

一歩間違うと、男性をストーカーにしてしまう「魔性の女」というのが、ジナというキャラなのかもしれませんが。

いや~美人は得ですね☆

(※でもストーカーはダメだ)

 

 

冗談はさておき。

恋愛がぶわーっと盛り上がる、最初の方と真ん中あたりはとても面白かったです。

恋に落ちていく過程を、丁寧に描かれていて、脚本も演出も俳優も、どれもが◎!!

でも、それ以降が急に色あせてしまったように感じました。

まあとはいえ、チョン・ヘインさんを一躍有名にした出世作といわれている本作。

見て損はない内容だったと思います!

韓ドラ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」面白いところは?
最新情報をチェックしよう!