正社員の道をあきらめたので貧困が継続するはこびとなりました

  • 2019年9月25日
  • 仕事
  • 167view
  • 0件

最近、抜け毛&薄毛がどんどん進行している41歳・中年のかなぶんです。

 

かなぶんは一応女性なのですが、ここにきて男性ホルモンが濃くなっているのかもしれません。

こないだの管玉ブレスレットの時もそう思ったけど、腕毛もすごいしね。

そのうちヒゲが生えてきたりして(;一ω一||)

・・・もし本当に生えてきたらブログで写真公開しようと思います。きゃはっ★

 

 

さて、かなぶん、老健(※)で働いています。

 

老健とは

介護老人保健施設の略。リハビリ等を必要とする高齢者が入所するところ。
病院と併設されていることが多い。

 

実は数カ月まえ、

「正社員にならないの?なればいいのに。あなたなら大歓迎!」

と、派遣先の職員さんにスカウトされました(^^♪

 

かなぶん、バイト経験が長いこともあって、

自分で言うのもなんなんですが、雑用にはめちゃくちゃ自信があります。

テキパキ、きびきび、相手の先まわりをして作業するのが得意。

職場内では人当たりもいいし、

入所者のお年寄りにも優しくて親切がモットーです。

(自画自賛しすぎるのもあれですが・・・)

仕事の反動もあって、家では何もできないような怠け者になってしまうのですが。

まあ、それはおいといて。

 

 

 

その従順な働きぶりをみて、目にかけてくださった職員さんがいたんですね。

無資格、未経験の派遣を「社員に」と言ってくれたこと、

心からうれしかったですヽ(*´∀`)ノ

 

 

でも、一カ月悩んだ結果、正社員の道をあきらめました。

 

介護職員(正社員)になることのメリット

 

どうせ働くなら正社員のほうがいいに決まっていますよね。

あえてその理由を挙げてみます。

 

  • 安定的に給料がもらえる
  • ボーナスがある
  • 色々な仕事を経験できる
  • 昇進や昇給のチャンスがある

 

あきらかに派遣にはないメリットばかり。

介護の仕事は好きだし、

特に、生活が楽になると思うと、一歩を踏み出すことに迷いはありませんよね。

でもかなぶんの場合、最後の最期まで悩みぬいた結果、

正社員を断念してしまったのです。

 

正社員になれるチャンスを断念した3つの理由

 

わたしが働いている老健では、正社員になると、これまでやってこなかった入浴介助や投薬、夜勤、残業などの業務が増えます。

とはいえ、かなぶんはそういった仕事も

 

かなぶん
(むしろ)やってみたい

 

とか、思っていたんですよ。

夜勤はキツイけど夜勤手当が出ますしね。

 

そういうことじゃなくて。じゃあなぜ、正社員にならなかったか。

その理由は3つあるんです。

 

 

副業が認められない
かなぶん、この雑記(日記)ブログのほかにもう一つブログを持っています。
そっちの収入がちょびっとあります。
(本当に、自慢できないくらいちょびっとです)

 

それが副業認定されてしまうと、ブログを閉めないといけなくなるかもしれない・・・。
こんな私ですが、やっぱりお金に代えがたいアイデンティティがあります。
素人ながら大事に育ててきたブログ。
お金(本業)のためとはいえ、そうやすやすと閉めることができません。
もちろんお給料が上がることは大事なんですけどね。

 

体力に自信がない
仕事に対する情熱はあるのですが、いかんせん歳のせいか、体がまったく言うことをききません。
仕事中は気を張っていてテキパキできるものの、緊張の糸が切れると脱力感で動けなくなります。
とにかく体中が痛くて、休みの日は寝ているかごろごろしているか。

 

疲れって地味に蓄積していくんですよ。
で、一気にドカンとくる。
こないだ腰を壊したときは、ガチでヤバかったです。
今までにない種類の腰痛を体験したというか。
腰痛ってバカにできないんだ!と、身に沁みました。

 
 

介護一年目でこんなんなんだから、このさき正社員になって何年もやっていくことなんてできるのだろうか。
もっとも低血圧で貧血(最近判明しました)で、ほかの人より虚弱体質のかなぶんが悪いのですが。

 
 

正社員に対するトラウマ

 
 

短大を卒業した後、デパートに就職しました。
いわゆる「デパガ」(←死語?)。
めちゃくちゃスタイリッシュでかっこいいイメージで、何の覚悟もなく就職したんです。

 
 

しかし、デパートってよくも悪くも「女の園」なんですよ。
同僚からのねたみ、陰口、陰湿ないじめ、
先輩社員の度をこした長時間のお説教、
そういうなかでサービス残業して、終電で帰る毎日。
帰り道、大声で泣きながら歩いたこともあります。

 
 

当時は「ブラック企業」だとか「パワハラ」だとかいう言葉もない時代。

 
 

かなぶん
社員って本当にタイヘンなんだ~

 

と、思っていました。かなぶん単純です。

 
 

そういうこともあって、「正社員=奴隷」みたいな図式が脳内に刻み込まれ、
正社員に対する嫌悪感というか、トラウマができたといいましょうか。
もともと自己肯定感が低い人間だったこともあり、
その会社を辞めるとともに、ますます自信喪失。

 

正社員になること、正社員待遇ではたらくことが恐ろしく思われるかなぶんなのです。

 

正社員にならずにどう生きていくか?

 

かなぶん今回のチャンスをふいにしてしまったので、今後、正社員になる道はますます険しいものになるでしょう。
いまは派遣のお給料と児童扶養手当、ブログ収入、足りない分は過去の貯金を切り崩して生活しています。
できれば生活保護は受けたくない。
できるかぎり自力で生きていきたい。

 

なんとか子供を大学に入れて、一人前にできるだけのお金を作らねばならないです。
そのためにはかなぶん自身がレベルアップしなければならない。
このまま仕事を続けつつ、介護の免許を取って、雑用を脱出するトカ。
または、副業の収入を増やすトカ。
ブログ収入だけじゃなくて、日雇いや単発のバイトを入れるトカ。

 
 

うーん、いずれにしても体が資本ですネ(´π`) ウグゥ
そうだ、とりあえず病院に行って貧血を治そう!
最新情報をチェックしよう!